2階トイレの排水パイプから水が染み出していました

2回のトイレは便器から壁に沿って排水パイプがあります。カバーで見えないようになっているのですが、カバーを外して掃除をした時に排水パイプの接続部分が濡れていることに気が付きました。床が濡れているわけではなくL字排水パイプの接続部分から滲みだしているようでした。
床が濡れるように漏れては困るし太い排水パイプでしたので業者に相談しました。普段から依頼している業者に症状を説明したら、床が濡れていないし匂いもほとんどしていない状態なので工事するまで少し時間が欲しいということでした。工事内容もパイプの交換ではなく接続部分を接着剤でふさぐことを考えているとのことでした。工事開始まで1週間ほど余裕があったこともあり接着剤だけなら自分でもできると思ってホームセンターに行きました。失敗しても業者がやり直せるように風呂や流し台で使うパッキング剤を使ってみることにしました。目で見えない部分にはパッキング剤がはみ出してしまいました。1日放置して試しに水を流してみました。トイレットペーパーを巻いて水が滲み出さないことを確認しました。後日、業者から確認してもらいました。見栄えは汚いのですがカバーで見えない部分ですし症状も治まったようです。

トイレの水を流した後とまらないと言ったトラブル

マンションに住んでる我が家の家庭で
起きたトイレの水が止まらない
トラブルは、厄介です。
用を済ませた後水洗トイレの水を流し何故か
チョロチョロと音が出ていつもは、すぐに止まる
トイレの水が流れっぱなしと
言う状態になった経験です。
トラブルは、夜中に起きて
対処が分からなかったです。
焦った主人がタンクを上にあげた
途端水が溢れて床は、水浸しになり
夜中にバスタオルと新聞紙を使って対処。
主人に確認してもらうとポンプの劣化が
原因と言われ次の日大家さんに連絡し
確認してもらったら主人が言っていた
ポンプの劣化が原因と分かったんです。
対処として主人が水道代が上がらないように
止水栓を止めてくれたんです。
実家が近くにあって朝だけトイレを借りてたんです。
この時実家が近いとトラブルありますが良かったと
思います。
ミスとしてこの時我が家は、節水を気にしてたので
対処としてペットボトルをタンクに入れてたんです。
この状態を見られて良くないと大家さんに叱られ
ペットボトルを入れっぱなしにすればポンプも
劣化しやすい状態になるのた水垢が
溜まって水垢を取り除かない限り水が流れっぱなしと
言う状態になるので困りますと言われ反省。
次の日からペットボトルを入れないでタンクも
隙間を作ってるため水が流れっぱなしと言う
トラブルは、起きてないです。
ペットボトルを入れると節水になるのか
水道メーターを気にしてましたが気にするまで
水道代は、上がらないと確信し
現在は、ペットボトル節水は、やってないです。

トイレの水が流れ続けるトラブル

水回りで大事な箇所となるトイレの水が流れ続けて止まらないときは、本当に困ったものです。水道代が浪費されることに加え、使用するときに支障がでることが多くなったことから、近所の業者へ相談することにしました。個人経営の小さな業者でありましたが、丁寧に栓を止めてくれたり部品を取り換えてくれたので、安心してトイレを使えるようになりました。この場でかかった費用は約1万円であったため、その時は高額なイメージを持ちましたが、長い期間使用することを考慮すれば、この金額は許容範囲であることを思い切って知った次第です。
トイレの水は流し方次第で消耗していく部品に大きな違いが出ることから、トラブルとすぐ感じたときは何らかの処置をすべきです。自己解決が難しい場合は、迷わず専門業者を尋ねることが賢明であり、後々考えれば安い金額で納めることが可能です。トイレや風呂場は3年ごとに老朽化を確認する習慣が大事であり、代替できる部品の有無をチェックする意識が必要だと思います。